ブログトップ

海の上のピアニスト

sea1900.exblog.jp

力を入れすぎないblog  それなりに暮す毎日

『オールドボーイ』


d0063550_18441927.jpg


前評判が良かったので、楽しみに観た。
平凡な人生を送って来た、どこにでもいる男、オ・デスは、ある日、突然拉致される。15年後、自由になるが、なぜ、誰が自分をこんな目に合わせたのかを調べていく。謎の男が、なぞなぞのように質問を投げかける。

 段々と謎が解き明かされていき、謎の男の秘密にまでたどり着く。
衝撃のラストシーンは、ショッキングで、見た後の暗い気持ちは後を引いた。
口の中が気持ち悪くて、うがいをしたくなった。
この意味は、見た人には、解るはずです。
 一人で、夜、静かに観るに限る映画だと思う。

ところで、この映画の原作は、日本の漫画だと知って、私はやりきれなくなった。
原作と映画に多少の差はあっても、うらみと復讐の映画である事に変わりは無いからだ、

何か得られる物があったのだろうか?あえて言うならば、オ・デス役のチェ・ミンスクの冴えた演技を見られただけだと思う。

韓国人が好な映画なのだろうか?
[PR]
by sea1900 | 2005-06-24 18:41 | 映画